夢中文庫

お仕えするのは天敵副社長~完全降伏などお断り!~

  • 作家藤崎りく
  • イラスト夢志乃
  • 販売日2018/09/11
  • 販売価格600円

「お前は今日から俺の秘書だ。存分に骨身を削って尽くしてもらうぞ」──失恋、失業と続けざまに不幸が押し寄せ、人生のどん底を味わっていた百瀬郁。友人の紹介で好条件の再就職先も決まったのだが、そこには学生時代からの天敵・片桐冬真が待ち構えていた。副社長となった彼の秘書が郁の仕事。終わった……私の人生終わった……そんな絶望すら感じた郁だったが、彼に秘書として接するうちに少しずつ印象が変わっていく。天敵だけど冬真を嫌いになり切れない。ある日、学生時代の仲間を集めて再就職祝いが催され、つい飲み過ぎてしまった郁。彼女を家に送り届けてくれた冬真から思いもよらない宣言をされ、天敵関係が甘く変化していく──

★一話
「桜庭(さくらば)!」
 怒気を帯びた声。
 顔をあげると、総合商事(そうごうしようじ)総務部の若き部長、二ノ宮康介(にのみやこうすけ)と目が合った。
 クールに整った目立つ美貌が、怒りに凄味を帯びている。
 桜庭真央(まお)は一瞬で嵐の気配を察知した。
「は、は、はい! なんでしょう。部長!」
 弾かれたように立ちあがり、真央は窓際のデスクへと駆け寄った。
「おととい、緑町物産(みどりまちぶつさん)に手形を送ったのはお前か?」
 長めの前髪からのぞく切れ長の目が、まっすぐ真央を見据えている。
「そうですけど……」
 二ノ宮の眉がくい、と吊り上がった。
(うう……こ、怖い……!)
 彼が総務に来てからの二年間、何度となく見せられた表情である。
 まだ決定的なことは言われていないのに、胃のあたりが早くもキリキリ痛みはじめている。
「……何か間違いでもあったんでしょうか?」
「大ありだ。手形の金額が一桁違うと緑町から連絡があった」
「一桁って……」
「三百万が三千万」
「ええっ!」
 ざーっと、顔から血の気が引く音が聞こえた気がした。
「申し訳ありません!!」
 泣きそうになりながら頭をさげると、二ノ宮は苦虫を噛(か)み潰したような顔で立ちあがった。
「不幸中の幸いで担当事務員が大学の同期だった。多分なんとかなるだろう……ったく、換金されてたら大事だったぞ」
 二ノ宮は背もたれにかけていたジャケットをつかんだ。
「今から緑町に行く。お前も来い。十分後に玄関前集合だ」
 二ノ宮はボードのネームプレートを二人分裏がえすと、肩をいからせフロアを出て行った。
「先輩、何かありましたぁ? 王子、すごく怒ってましたねー」
 パソコンの電源を落としていると、隣席の田中康子(たなかやすこ)が、いそいそと話しかけてきた。
 一年後輩の彼女は、真央と違って明るく要領がいい。
 かろうじて敬語を使ってくれているものの、先輩としての威厳なんて、とっくの昔になくなっているのは表情の端々からはっきりわかる。
「手形の金額をね、一桁間違えて送ってたの」
「それ、大変じゃないですかぁ。でも、先輩なら、やりそうです」
 人事みたいに笑う康子に、真央はおずおずと言い返す。
「でもさ、あれ、康子ちゃんが……」
「ん? 私がどうかしましたぁ? 先輩?」
 康子の笑顔がふいに消えて、意地悪そうに唇が歪む。
「ううん、何でもないよ」
 真央は言葉を飲み込んだ。

オススメ書籍

守ってくれた天然系男子が魅力的すぎて困る

著者黒田美優
イラスト藍太

優しくしてるよ? 智実ちゃんには――
若くして部下から厚い信頼を得ている係長、佐々木智実は会社では弱みを見せない。
が、ある日の通勤中困ったことになってしまった。
焦る彼女を助けてくれたのは小野田真司。
はじめは同じ通勤電車に乗っているだけの赤の他人だったのに、この日を境に二人の仲は急接近していった。
智実はその天然過ぎるけれど優しい彼の魅力に徐々に好意を寄せていく。
そんな時に泥酔した小野田に甘えられた……だけでなく、なんとキスされてしまって!?
頼りになる天然系男子の魅力にたじたじになってしまった智実は、この曖昧な関係をどうするのか――?

この作品の詳細はこちら