夢中文庫

7人目の妹なんて不服です!

  • 作家友野紅子
  • イラストRuki
  • 販売日2020/05/26
  • 販売価格900円

社長令嬢として何不自由なく暮らしていた麻里はある日、階段を踏み外し異世界へと落ちてしまう。右も左もわからない世界で拾ってくれたのは、王国軍将軍・ルクスフェルド。亡き両親に代わり9人の弟妹を一人で育て上げたルクスに、麻里は7人目の妹として引き取られることに。次第に麻里はルクスに惹かれるようになり、ルクスもまた麻里を妹以上の存在に感じ始めるのだが……二人の気持ちが近づき始めたとき、ルクスの不倫疑惑が浮上! さらに、王宮で働き始めた麻里には王子からのアプローチが始まって? 届きそうで届かない、すれ違う二人の想いが行き着く先は……? 書下ろし番外編も収録。ムズキュン満載のラブファンタジー!

 ……ん?
 煙たさに目が覚める。
 昨晩は少し寝苦しく、薄く窓を開けて眠りについた。その僅かな隙間から、煙が部屋に流れ込んでいた。
 さてはパパがまた、ママに追い出されて中庭でシガレットを吸ってるな。
 寝起きの頭に、しょんぼりと背中を丸めてシガレットを吹かすパパの姿が浮かんだ。
 もう、パパってば……うん? パパのシガレットって、こんなに焦げ臭いっけ……?
 脳裏を過ぎった違和感は徐々に確信に変わり、寝ぼけた頭を覚醒させた。
「って、んな訳ゃない! ナニコレ!? 煙くっさ!!」
 ベッドから飛び起きる。
「うっ、目ぇ沁みるっ」
 この煙はパパのシガレットとは訳が違う。ゆらりと立ち昇る高貴な揺らめきとは対照的、もんもん、もくもくの害悪だ。
 腕で鼻を塞ぎ、駆け寄った窓から中庭を見下ろす。
「ルクスさん!? これは一体、何事ですか!?」
「お! マリィ、起きたのか? もうじき、朝飯に芋が焼けるぞ」
 焚火に木の棒を突っ込んで弾ける笑顔を向けるのは、私の扶養者であるルクスさん。
 いきなり知らぬ世界に落とされて、右も左も分からない私の世話を買って出てくれた彼には感謝しかない。
「どうして焜炉(こんろ)を使わないんですか!? 庭先で焚火なんてどうかしてます!」
「いや、なに。以前、王城の庭園で出た落ち葉や枝を破棄するというから、貰ってきて乾燥させておいたんだ。ほら、こうして燃やせば薪の節約になるだろう? 何より直火焼きの芋はホクホクで美味いぞ?」
 そう、感謝しかないけれど、ルクスさんの染み付いたケチ根性にはどうしても馴染めない……。
「ルクスさんの将軍職の年俸を強引に時給換算すれば、およそ一万イエン。焚火で火を熾(おこ)し、芋が焼き上がるまでに掛かる時間がおよそ一時間。二本の芋が一万イエンもするんですよ? そこに煙害も加味すれば、焚火で芋を焼く経済効率は限りなく悪いです。その芋、高くつきすぎです。非効率です」
「ふむ。焼き芋を頬張るマリィを想像しながら待つ一時間は楽しい、故に俺は非効率とは思わんのだがな。それに今朝は奮発してなんと一人二本ずつ、四本の芋を焼いている」
 ルクスさんがぶつぶつと呟いているが、二階までは聞こえてこない。
「とにかく、かなり煙いですよ!? 焼き上がったら火はすぐ消しましょう。お隣にまで煙が届いたら大変です。私も着替えたら行きますから」
 私は窓から身を翻すと、足早にクローゼットに向かった。
 末の妹さんが使っていたこの部屋のクローゼットには、彼女が嫁入り前に着ていたワンピースがそのまま下がっている。夜着を脱ぎ捨てると、私は中から木綿のワンピースを引っ張り出して被った。
 このワンピースはルクスさんの六人の妹さんが順番におさがりで着てきて、袖を通すのも私で七人目だ。洗濯こそきちんとされているけれど、さすがに色褪せて、綻びもあった。けれど機能的には何の問題もない。

オススメ書籍

私に恋の手ほどきを~隣人たらしが恋のお相手!?~

著者望月沙菜
イラスト蓮水薫

「私の幸せって一体いつ訪れるのよ!」付き合う男性が軒並みだめ男で、ろくな恋愛経験を重ねられなかった琴子。そんなとき、飲まずにはいられない彼女の失恋話を聞くのは隣部屋に住むベランダ飲み友達の晃だった。「神様に頼むとかお祓いするぐらいなら……俺が伝授してやるよ」女好きの晃の協力のもと、琴子は偶然知り合った歯科医の隆太と距離を縮めていく。がっつかないよう、地が出ないよう、彼に釣り合うようにとしていた琴子。なのになぜか上手く行かなくなってきて――?最後の一歩が踏み出せない、オトナたちの可愛くて爽快なラブストーリー♪

この作品の詳細はこちら