夢中文庫

不器用な将軍閣下の獰猛すぎる求愛

  • 作家ととりとわ
  • イラスト八美☆わん
  • 販売日2020/09/08
  • 販売価格800円

「一度ベッドを共にすればわかるさ」──夫を亡くしたばかりのフェリシアに持ち上がった婚姻話。今後は息子ジュリアンを立派に育て、教師の仕事に情熱を傾けていこうと決意した矢先だった。そして、なんと相手は将軍イザーク──亡夫の腹違いの兄。顔を合わせるなりまるで野獣のように唇を貪り求めてくるイザークにフェリシアは憤慨するが、精悍で逞しい彼は亡夫とまるで真逆。不器用だけれど深い愛情が溢れるイザークからの壊れるほどに獰猛な求愛に、フェリシアは葛藤し戸惑い……いつしか一途に愛される喜びに包まれるのだが──

 長らく降り続いていた雨がようやく上がった。
 その日の昼下がり、男爵家の娘フェリシアは、まるで地獄へでも向かう気持ちで馬車に揺られていた。王都のはずれにあるタウンハウスを出た時はこんこんと雨が降っていた。お陰で靴下が濡れていて、気分は最悪だ。
 今日のためにしつらえたグリーンのドレスは、少し襟ぐりが開きすぎているように感じた。この色はフェリシアの青灰色の瞳には合わないし、少しばかりレースが足りない。銀糸のようだと褒められる髪もうまくまとまらなかったし、なんなら、化粧のノリだっていまひとつで──
 ……要は、気がのらないのだ。
「今日はいいお天気ですこと」
「そうね」
 斜め向かいに座る侍女のラウラに、色のない声で返す。
 窓の外へ目を向けると、確かに彼女の言うとおり、空は神々しいまでに晴れ渡っていた。おまけにくっきりと鮮やかな虹まで現れている。
 こんな美しい日になるのなら、約束を反故にしてでも息子のジュリオンを連れて遠乗りに出かけるのだった。従僕を何人か連れて行けば狩りができるし、今年六歳を迎えたジュリオンにとっても、絶好の狩猟デビュー日和になったはず。
 フェリシアは眉を顰めて、車窓のガラスに頭をくっつけた。すると、わざとらしい咳払いが聞こえてくる。
「ごめんなさい」
 素早く謝ると、ラウラがびっくりした様子で目を見開いた。がたん、と車輪が何かを乗り越えた拍子にキャビンが揺れ、ふたり手を取って支え合う。
 ラウラは御者台のほうを睨みつけ、すぐにフェリシアに向き直った。
「……で、なんです? 急に謝って」
「いいえ。なんでもないならいいの。またため息をついてしまったのかと思っただけ」
 落ち着きなくうなじの後れ毛をいじるフェリシアに、ラウラが厳しい目を向ける。
「お嬢様。……いえ、奥様。今日はくれぐれも侯爵閣下に失礼のないようお願いしますよ。エルデラーハ家の、とりわけ、ジュリオン坊ちゃまの未来がかかっているのですから」
「わかってるわ、ラウラ。私だって十五やそこらの娘じゃないんだもの。ただ、夫の喪すら明けないうちからどうしてこんな話になっているのかと、納得がいかないだけ」
 ラウラは軽く息を吐いて肩を落とした。
「お気持ちは十分に存じております。ですが、これはまたとないチャンスなのですよ。こんなことを申し上げては失礼ですが、夫に先立たれた未亡人が、あのような素晴らしい身分の方に求婚されるなど、普通はあり得ません。閣下は侯爵にして──」
「先の大戦の英雄」
 ラウラの言葉尻をフェリシアが奪う。居ずまいを正して、きりりとした顔を侍女に向けた。
「確かに彼は、代々続く将軍家の長男で国王陛下の信頼も厚いわ。広大な領地を所有していて、大きなお城も、いくつもの田舎のお屋敷も、今向かっているように王都に別邸をお持ちなのもよく知っています」

オススメ書籍

甘い夜の続きを、もう一度~上司がクールな仮面を外すとき~

著者花木きな
イラスト龍胡伯

大手音響メーカーで働く千沙都は、入社3年目に異動を命じられる。そして新たに上司となったのは、かつて千沙都の初めてを捧げた相手、湊だった! しかし再会した彼は、クールで近寄りがたい雰囲気に。いまだ燻る恋心を自覚しつつも過去のことだと割り切り、あくまで上司と部下として接する千沙都。そんな中、千沙都は湊と二人で日帰りの出張に行くことに。帰り道、大雨に降られ家に帰れなくなってしまった千沙都は、半ば強引に湊の自宅に連れていかれる!? ――「あの夜の続きしない?」昔と変わらず〝千沙都〟と呼ぶ声に、甘く切ない思い出がよみがえって?

この作品の詳細はこちら