夢中文庫

オネェな彼と地味系メガネ女子の恋愛事情

  • 作家饕餮
  • イラスト水野かがり
  • 販売日2020/04/03
  • 販売価格600円

小さい頃に受けたいじめがきっかけでイケメンが苦手になり、大人になっても自分の容姿に自信が持てないままの沙雪。ビン底のような分厚いメガネをかけ、前髪も顔を隠すように長く伸びている。もちろん恋愛なんてしたこともない。そんな女子力ゼロの沙雪はある日、車に轢かれそうになったところをハーフ顔のイケメン・崇に助けられる。プラチナブロンドの髪と青い瞳に、イケメンが苦手な沙雪でさえもつい見惚れてしまうが……「ねえ、アタシと付き合わない?」――崇から突然の告白! それに今、アタシって言った? こんなにイケメンなのにオネエなの? 恋愛初心者の地味系メガネOL・沙雪とオネエ系イケメン・崇、二人の恋の行方は……?

 社会人とはとても面倒なもので、社員ではなく派遣ともなるともっと面倒なもの。その会社にとって必要な技術を持っていたから私が派遣されたというのに、やっかむ人はどこにでもいる。
 自分の能力がそこまでいっていなくて悔しいのか、上から頼ってもらえなくて悔しいのか知らないけれど、そんな感情が仕事の邪魔に、そして上からの評価にも響いているってどうしてわからないんだろう……と思うこともしばしば。
 視線の先で、問題児の彼女とその取り巻き三人、そしてよく調べもしないで一方的に彼女を擁護した主任が、この部署の部長に叱られているのが見える。部長の横には人事部長、そして第二営業部の部長までいて、険しい顔で五人を睨み付けていた。
「まったくもう……。とんだとばっちりよね、霜川さん」
「ですよね。まあ、知ったこっちゃありませんが」
「そうね。さっさと入力してしまいましょうか」
「はい」
 この部署の社員で、私に仕事を教えてくれた中田(なかた)さんも、問題児たちを見て溜息をついている。中田さんも彼女の被害にあった人なのだ。
 そして彼女の取り巻き三人のうち、海外事業部に所属している二人がやるべき仕事がなぜか私と中田さんに回ってきて、入力しながらも小声で話をしていたというわけ。
 私こと霜川(しもかわ)沙雪(さゆき)は、マユズミコーポレーションの派遣事務をしている。それなりに資格を持っていることから、この会社では重宝されていた。
 仕事をしている部署は海外事業部で、マユズミは国内外の家具や装飾品などを扱っている会社だ。ホテルチェーンとも取引があり、中小企業ながらも、なかなかいい売り上げを叩き出している会社だった。
 最近、四代目として就任した新社長がまだ三十代後半とあってか、かなり活気がある会社でもある。新たに雑貨を扱い始めたことで業績が伸び、人手も足りないからと募集と同時に私が所属している派遣会社にも連絡が来たのだ。
 ちょうど、以前派遣されていた会社との契約が切れ、別の派遣先を探すか、自分のスキルを活かして社員として応募するか……と悩んでいたところだったから、思い切って飛びついた。
 この会社が派遣やバイト、パートから社員登用があるというのも魅力的だったから。
 面接して、すぐに来てほしいと言われて嬉しかったし、一年勤めてその仕事ぶりを見て、社員登用してもいいという話だったので頷き、今に至っている。
 だけど、問題児がいるとは聞いてない!
 それが今叱られている彼女こと、石川(いしかわ)さん。
 なんというか……お姫様体質とでもいうのだろうか。とにかく自分が一番じゃないと気が済まない。そして男にちやほやされないと拗ねる。
 自分の失敗はテヘペロで済ませるくせに、別の人が間違いをすると、親の仇や鬼の首を取ったかのように責める。それは上司たる部長や課長も問題視していて、叱っても注意しても直らなかったことから、一年でいくつもの事業部を渡り歩いているという。
 どうしてそんな人が未だに会社にいられるのか不思議だったけれど、中田さんや他の男性社員や女性社員によると、専務の娘でコネ入社だから、らしい。それを鼻にかけて好き放題しているんだとか。
 その話を聞いたとき、いまどきコネ入社があることに驚いたっけ。

オススメ書籍

クールに決めた大人のカレは、実はかなり嫉妬深くて執着系

著者本郷アキ
イラスト

恋に「落ちる」とはどういうことだろう――恋をしたことがないあずさ。だがインターンとして入った有名美容院、そこにやってきた尚を見た瞬間、時が止まった。店長の友人で名前が「尚」としかわからない三十半ばほどの会ったばかりの男に心を奪われた。止まらない想いを告白したあずさだったが、尚にはまったく相手にしてもらえない。それでも食い下がると、「キスをしてその気にさせてくれたら」と言われてしまう。たどたどしいキスをするあずさに、大人のキスを返してくる尚。あずさのキスは尚を少しばかりその気にさせたのか、マンションの部屋に入れてくれて――三十六歳の穂高尚と十九歳の長尾あずさのアツアツな年の差ラブ

この作品の詳細はこちら