夢中文庫

呪われた漆黒の王は満月の乙女と甘く淫らに契りを結ぶ

  • 作家月乃ひかり
  • イラスト逆月酒乱
  • 販売日2020/09/30
  • 販売価格800円

「我が乙女、そなたが欲しい。私の呪いを解けるのはそなただけだ」小国の王女ラーナは、駆け落ちした双子の弟に成り代わり、砂漠で強い力を誇っている大帝国イドリース王の即位式に出席することに。ところがラーナは、自国よりはるかに煌びやかな宮殿に好奇心を刺激されて、つい羽目を外してしまい――「そなたをずっと待っていた」宮殿の奥深くにある不思議な湯殿で、生まれたままの姿のラーナが出会ったのは、琥珀色の瞳を持つ逞しい男。……あなたは夢の中で私を求めてきた人? 自分を〝満月の乙女〟と呼ぶ男に導かれ、夢うつつのラーナは純潔をささげてしまって――

●一章 運命の歯車
「なんですって!? カミルが駆け落ち!?」
「しっ! ラーナ! 大きな声を出すでない。いくら人払いをしているとはいえ、ここにいる者以外に気取られてはならぬ」
 父王に諫(いさ)められ、はっとして口元に両手を当てた。
 ここは父の後宮にある母の居室。
 その部屋にいるのは、ラーナを含めてたったの五人だ。
 重い溜息をつく父、顔色を失っている母、兄の側近の従者であるセイドとじいや、そしてラーナだ。
 肝心のもう一人、ラーナの片割れにして双子の弟であり、この国の世継ぎの皇子(みこ)であるカミルの姿が見当たらない。
「あの……、お父様、カミルが駆け落ちって本当なの?」
 声を落として聞くと、父王は眉間に皺を寄せて一枚の手紙を差し出した。
「カミルの書き置きだ。今朝、日課の遠乗りになかなか現れないのを心配したセイドが、カミルの寝室で見つけたのだ」
 見慣れた筆跡で書かれた手紙には、カミルとラーナの幼馴染でもある乳母の娘、サラとの婚姻を認めてもらうまで二人で宮殿を出る、と書かれていた。
 さらには認めてもらえないなら、王子の身分を捨てるとも書いてある。
 ラーナは、双子の弟の固い決意を知って、応援してあげたい気持ちになった。一番近くでカミルとサラを見てきたラーナは、二人がお互いに小さい頃からずっと想い合ってきたのを知っていた。でも、乳母の娘であるサラは、王妃になれるような身分ではない。
 そこで父や母は、サラをカミルの後宮に入れて側室とし、身分の高い大氏族の中から王妃となる娘を選んで、結婚するようカミルに強いていたのだ。
「あの、お父様、私からもお願い。どうかカミルの結婚を認めてあげて欲しいの」
「こうなったら、認めざるを得ないだろう。だが、問題はそこじゃない。ラーナ、お前も悪い。カミルに余計な入れ知恵をしおったな?」
 ぎろりと父に睨まれて、ラーナは冷や汗が吹き出した。
 たしかに、カミルをけしかけたのは自分だ。
 認めてもらうまでサラと二人、一緒に宮殿を出て行くぐらいの覚悟がないと、頑固な父は認めてくれないだろうとカミルに言ったのだ。
 それもつい、一昨日(おととい)のこと。
 まさか、カミルがこんなに早く、しかも本当に実行に移すとは思わなかった。正直、二人が宮殿を出たと知って、ラーナも驚きを隠せない。
「おおかた、お前が二人を唆(そそのか)したのだろう」
「唆しただなんて人聞きの悪い……、確かに少しの間、二人で宮殿を離れて今後のことを考えてみてはと言ったけれど」
 ラーナは、あいまいに濁して言った。まさにカミルをけしかけたのは自分だ。だけど本当のことを話せば、父から罰を受けてしまう。
「でも、ほらっ! 結局、カミルにとって一番いいことは好いた女性と一緒になることよ。カミルは一途だもの。他の女性との結婚を無理強いしたら、それこそ政務にも身が入らなくなっちゃうわよ?」
 ラーナが気まずい雰囲気を払拭しようとして笑顔を見せると、母は泣き出し、父は頭を抱え込んだ。

オススメ書籍

束縛の甘い檻~恋のお相手は悪役オオカミ~

著者マイマイ
イラスト乃里やな

おまえ、本当に初めてだったのか――
彩音は色々なことを諦めてきた、無難にやりすごせるように。
だから上司に絡まれても拒めない。
本当は怖い、誰か!
助けてくれたのは驚くほど綺麗な女性、アリサ。
その後ろにいたスーツ姿の男性、遼に彩音の心は奪われる。
はっきり聞いてはいないけれど遼とアリサはきっと恋人同士。
わかっていても遼への気持ちが加速する彩音は、求められるまま身体を開いてゆく。
アリサを悲しませてはいけないのに遼から与えられる快感に抗えない彩音。
勇気をふり絞って関係を終わらせようとするが?
予想外のアリサの反応、もっと予想外の遼の本音。
初めて手放したくない恋を見つけた彩音、弄ばれていたわけじゃないの……?

この作品の詳細はこちら