夢中文庫

豹変した指導係がとろ甘すぎて忘れられません

  • 作家山内詠
  • イラストつきのおまめ
  • 販売日2020/11/17
  • 販売価格500円

「じゃあ私のこと抱けますか?」──みちるは176cmと背が高いことがコンプレックス。勇気を出して会社の飲み会で好きな先輩に近づこうと頑張るが、報われない。選ばれるのはいつも小柄で可愛らしい子、失恋なんて当たり前……気持ちの限界を迎えたみちるは、酔いも手伝って鬱憤が爆発。苦手に思っていた教育係の菅野に絡んでしまうのだが──「今から答えを教えてやるよ」 見たことのない菅野の甘ったるい表情、熱い吐息、思考を止めるキス。この先を知りたい……初めての経験にみちるはすっかり蕩けていくが、処女と知るなり中断してしまった菅野。みちるは拒絶されたと傷つきながらも、この夜のことを無かったことにはしたくなくて……

「そんな大きな図体してるのに、電話応対も碌(ろく)にできないのか!」
 幸田(こうだ)さんの怒鳴り声がフロアに響き渡る。その直撃を受けて、身体がびりびりと震えた気がした。
「……申し訳ありません」
 何を言われても、ミスをした自分が悪い。だから私柏原(かしわばら)みちるはただただ頭を下げ続けるしかなかった。
「電話を受けたら相手の会社と名前を確認するのは基本中の基本だろうが! 折り返し連絡ほしいって言われても、誰にかけりゃいいんだ!?」
「お、仰る通りです。申し訳ありません」
 昨年の春大学を卒業し新卒で勤め始めたのは、大手空調設備メーカー。国内のみならず海外にも拠点があり、売上高は世界トップクラスだ。
 その東京本社の空調営業本部に、私は籍を置いている。まだまだ新人の枠から抜け切れていない、社会人二年目。
 事の始まりは、幸田さん宛てに取引先から入った一本の電話だった。私が受けたのはいいものの、相手方の会社名と担当者の名前を両方とも失念してしまったのだ。
 もちろん相手は最初にどこの誰だか名乗っている。けれど矢継ぎ早に用件を捲し立てられた上に、長いやりとりのせいですっかり頭から抜け落ちてしまったのだ。電話で取引先からもうすぐ発売になる新製品の説明を求められ、そちらにばかり気をとられてしまった……というのは、もちろん言い訳にもならない。
 最後に「確認のため」と改めて名前を伺う機会はあったのに、それすら忘れてしまったのだから、どうしようもなかった。
「でもあの……」
 一応説明した商品の情報や、取引先の要望は覚えている。担当である幸田さんならこの情報から相手方を特定できるかもしれない。
「なんだその目つきは!」
 そう説明しようと思って視線を上げたのだけれど、幸田さんは私の顔を見るなりさらに怒りを激しくした。
「すみませんっ」
 もはや何をしても火に油状態だ。
 幸田さんは少しふくよかな顔を歪めて声を荒らげ続ける。悪い人ではないのだけれど、一度怒らせると長引く上にヒートアップするタイプなのだ。
 周囲からは同情するような、呆れるような視線を感じる。ただ、ここまで激高してしまった幸田さんに下手に触れると、怒りが飛び火してくると皆知っているので、誰も声をかけてきたりはしない。とにかく、私には彼が落ち着くまで頭を下げ続けるしか術(すべ)はなかった。それに、悪いのは全面的にこちらである。
「全く反省しているように見えないな! だいたい……」
「まあまあ、幸田さん落ち着いて」
 怒鳴り声に身を竦ませていたら、突如背後から声が飛んできた。
「俺隣で電話聞いてたんですけど、多分特工店の花村(はなむら)冷機ですよ」
 助け舟を出してくれた勇敢な人は、先輩社員の菅野(すがの)弘嗣(ひろつぐ)さんだった。
「そっそうです! 先日頂いた資料ではわかりづらい点があって、詳細が知りたいと」
 社名を聞いて、思い出す。先程の電話は確かに花村冷機からだった。

オススメ書籍

極道のご主人様と同居生活!?~無垢なメイドは俺様組長に愛されて~

著者黒羽緋翠
イラスト弓槻みあ

「俺がかならずおまえを守ってやるよ。紗菜」家の事情で夜のバイトを探していた女子大生の水原紗菜は、スカウトマンに声をかけられたところを見ず知らずの男性に助けられる。怖い人かと思いきや、優しい口調で事情を聞いてくれた彼が気になるものの、親友から彼が加賀見組の組長、加賀見稜二だと聞かされる。ところが二人組の男が家に押しかけてきたことで稜二に助けを求めてしまった紗菜は、彼から「俺の専属メイドになんねえか?」と持ちかけられる。メイドとしてそばにいることを決めた紗菜は稜二に寵愛され、彼の優しさに惹かれていくが…極道の組長と女子大生の距離はあまりにも遠く、おまけに稜二のまわりにはたくさんの女性がいて…?

この作品の詳細はこちら