夢中文庫

不動産王に愛された私~強引御曹司に攫われ溺愛生活~

  • 作家吉田行
  • イラスト上原た壱
  • 販売日2020/07/17
  • 販売価格800円

大好きな古いビルが再開発で取り壊される!? 平凡なOL希恵子は黙っていられなかった。「あなた、見る目がないんじゃない? このビルの良さが分からないの」食ってかかった相手は、実は大手デベロッパーの御曹司・枢(かなめ)。「古いものより新しいもののほうがいい」と譲らない。「お前の考えを改めてもらう。洗脳といってもいいかな」 華やかな高層ビルを枢は自信満々に見せてまわるが、同調しない希恵子。なぜかそれを気に入った枢は希恵子に迫りはじめる。「賭けるか、一週間でお前は落ちるよ」──いきなり始まった同居生活は甘く眩しい毎日。真逆な二人が生み出すマリアージュ。枢が注いでくる愛情に希恵子の気持ちが傾いて……!?

1・合わない二人
 金曜日の夕方は必ず定時にオフィスを出る。
「お先に失礼しまーす」
 もしかしたらデートと思われているかもしれない。星枝(ほしえだ)希恵子(きえこ)は新卒で就職して二年目の二十三歳、一番輝いている年齢だ。
(早くいかないと特製ハンバーグが無くなっちゃう)
 だが繁華街の人込みをすり抜けて早足になる希恵子の脳内には甘い雰囲気などみじんもなかった。
 希恵子の勤める職場は巨大ターミナル駅を囲む高層ビルの中にある不動産会社の事務所だ。ビルのロビーを出てしばらくは高層ビルの谷間が続いていた。
 だがある道を越えると急に建物の高さが低くなる。小さい店が増え、時代が逆戻りしたようだ。
 希恵子はその中でも一番古そうなビルの前に立った。左右の建物に挟まれたそのビルは一階部分が緑色のタイルに包まれている五階建てだった。かなり古ぼけたビニールのひさしがついている。その下に喫茶店のドアがあった。
「こんばんは」
 希恵子がドアを開けるとベルが鳴った。それほど大きくない店内は四人掛けの席が六つにカウンター席が十席だった。希恵子はまっすぐカウンターの左端に座る。
「いらっしゃい、ハンバーグでいいですか?」
 おしぼりとお冷を出してくれた白髪の老婦人が優しく微笑む。希恵子もにっこりと笑い返した。
「はい、まだありますか?」
 老婦人はくすくすと笑う。
「大丈夫ですよ。今日はあなたが初めてのお客さんだから」
 時刻は五時半、まだ夕飯には早めの時刻だった。希恵子は思わず舌を出す。
「だって、先月は食べそこなっちゃったから」
 巨大ターミナル駅から少し離れた場所にある喫茶店『それいゆ』は昼と夕方にだけ営業している小さな店だった。働いているのは老夫婦二人だけでランチとディナーを出している。
 その古ぼけた店にしてはランチ単価千五百円、ディナーだと二千五百円はする。コーヒーだけでも六百円だった。ふらりと入りそうになった人間が店の前に出してあるメニューを見て引き返すこともよくあった。
 だが一度でもここの食事を食べればその金額がけっして高くないと思うはず、希恵子はそう確信していた。コーヒーは注文を受けてから一杯ずつドリップするし、料理はどれも美味しかった。
 希恵子が楽しみにしているのは、ディナータイムに十食だけ提供される特製ハンバーグだった。通常メニューとは違い、肉から店で叩いて作るそれは肉汁があふれ出し、今まで食べたどんなハンバーグより美味しかった。
 だが特製だけあってディナーセットで三千円もする。だから希恵子は月に一度、給料日の後の金曜日に注文することにしていた。
 先月は残業で七時過ぎに来店したらすでに売り切れだった。今日こそ絶対に食べるつもりで意気込んでやってきたのだった。
「どうぞ、サラダとスープです」
 ディナーセットにはサラダとスープが付く。サラダは新鮮な野菜に自家製人参ドレッシングがかかり、スープも出来合いのものではなく一から店で作っている。今日はジャガイモだけのシンプルなスープだった。

オススメ書籍

マッチョ嫌いの令嬢は引きこもりたいのに幼なじみの騎士が許してくれません!

著者長野雪
イラスト堀田ろも

「手ぇ離したら、お前逃げるだろ?」「当たり前じゃない!」――エルサは『呪符づくり』を趣味兼仕事として、とある事情により必要最低限の外出しかしない引きこもり令嬢。そんな彼女に密かに思いを寄せ、なにかと外へ連れ出そうとする幼馴染の騎士ルディ。ところが、エルサは……ルディの〝体型〟が苦手だった。苦手視されている自覚から思いを伝えられないルディだったが、ある日、細身の同僚騎士がエルサをデートに誘ったと聞き焦る……! しかしライバルには別の思惑があって……?

この作品の詳細はこちら