夢中文庫

幼馴染の騎士が婚約者?~契約結婚のあとに見つけた愛~

  • 作家雪村亜輝
  • イラストにそぶた
  • 販売日2018/11/13
  • 販売価格600円

少し複雑な環境に生まれたせいで結婚を嫌う伯爵令嬢アメリアは、父の決めた男性と結婚するか修道院に入るか、という選択を迫られ、つい「好きな人がいる」と嘘をついてしまう。偽装結婚でもいいから何としても婚約者を用意しなければと相手を探しに町に出るも、暴漢に襲われそうになるアメリア。その危機を救い出したのは、幼馴染で凛々しい騎士となったクルトだった。事情を知ったクルトは、彼も同じような境遇で利害が一致しているからとその相手を引き受けてくれることに。しかし、婚約者となったクルトからは過保護なほどに尽くされる。そのうちアメリアは偽装結婚をする罪悪感と、クルトへの気持ちの変化に戸惑うようになり──

YAHOO!JAPANブックストアで購入
BookLiveで購入

「お姉様」
 明るい妹の声を聞いた途端、嫌な予感が胸に広がる。
 振り返ると、妹のエルゼが走り寄ってきた。
 やや上擦った声。
 綺麗な薄紅色に染まった頬。
 今まで何度も見てきたものだ。
 とうとう妹まで、向こう側に行ってしまうのか。
 ため息をつきたい気持ちを堪えて、アメリアは妹に微笑みかける。
「エルゼ、どうしたの?」
 可愛い妹のエルゼ。
 人見知りで、おとなしくて。いつも姉であるアメリアの傍から離れなかった。
 それなのに一年ほど前に知り合った男性と、あっというまに恋に落ちてしまった。
 そうしていま、結婚すると告げた友人達と同じような顔をして立っている。
 口にする言葉は、きっと。
「私、結婚するわ。トリスタンがプロポーズしてくれたのよ」
 それは予想していた通りの言葉だった。
 アメリアはその男と数回しか会っていない。
 だが噂によると地方の貴族だがそれなのに裕福であり、しかも嫡男らしい。
 妹に苦労をさせることはないだろう。
 それでも彼が、父を納得させるだけのものを持っていなかったら、結婚を許可することはなかったのにと、未練がましく思う。
 もしくは、悪い男で妹を騙していたなら。
 父は独裁的で、たとえ妹がトリスタンを深く愛していたとしても、こちらに利益のない結婚を許さないだろう。
「そう。おめでとう、エルゼ。あなたと離れるのは寂しいけれど、幸せになるのは嬉しいわ」
 姉として模範的な言葉を口にして、抱きついてきた可愛い妹を抱き締める。
 結婚に反対しているわけではない。
 妹が幸せになるのは嬉しい。
 ただ周囲から向けられる、次はお前だとでも言うような視線が心底煩わしい。
「あなたのお母様にはもう報告したの?」
「ええ、とても喜んでくれたわ。ああ、忘れていたわ。お父様がお姉様を呼んでいました。伝えてほしいと言われて」
「……そう。わかったわ」
 答える声が、思わず低くなる。
 父が言いたいことは、まさに今、アメリアが煩わしいと思ったばかりのことに違いない。
 まだ若い妹でさえ、貴族の女性としては結婚がやや遅いほうなのだ。
 その妹よりも四歳も年上で、今年で二十二歳にもなろうとしているアメリアが結婚しないことを、父は疎ましく思っているに違いない。
 妹と別れ、父の部屋に向かいながら大きくため息をつく。
 父は伯爵家の長女であるアメリアが、この年まで独身を貫いているのが気に入らないのだ。
 だが、何と言われても結婚する気などなかった。
 そして、父にだけは言われたくないとさえ思っている。アメリアが結婚を嫌悪しているのは、まさにその父のせいだからだ。
 アメリアにはふたりの兄と妹がいる。だが、兄妹すべて母親が違う。
 下の兄など、アメリアと数か月しか年が違わないのだ。
 父には一番上の兄を生んだ正妻と、その他の兄妹達の母である愛人が三人いた。
 兄妹の仲は悪くなかったが、当然のことながら母親同士の仲は最悪で、いつも罵り合い、憎み合っていた。そんな姿を幼い頃から見続けていて、結婚に夢など持てるはずがない。
 それは兄達も妹も同じだったはずだ。
(それなのに……)

オススメ書籍

監禁された私―全部の穴を壊れるほど悪戯されて―

著者深志美由紀
イラスト

教え子にこんなことをされ、蔑まれているのに、私は感じてしまっている――結婚を控えた高校教師の美琴は、ある日、気がつくと生徒の津川周の部屋のソファに拘束されていた。大好きな先生に結婚なんかさせない、僕の性奴隷にしてやるんだ――暗く熱い情念を暴発させる美少年の性玩具の責めに、女教師は肉体ばかりか心も目覚めさせてゆき、ついに…。

この作品の詳細はこちら