夢中文庫

冷徹伯爵と雇われ令嬢~氷鎖をとかす純愛~

  • 作家雪村亜輝
  • イラスト期田
  • 販売日2020/04/14
  • 販売価格400円

男爵家の長女クロエは、父の度重なる事業失敗により、妹と共に質素な生活を送っていた。そんなある日、家を訪れた男たちから父の借金の存在を聞かされる。その恐ろしい金額を知ったクロエは、言われるがまま住み込みで働きに出ることに。……ところが道中、クロエは自分が父の借金のカタに売られてしまったと知る! クロエを買ったのは、裏社会を支配しているという伯爵・アリスター。――「お前はどうしたい?」気まぐれに問われたクロエは、もう一度妹に会うため、自らを買い戻すべく使用人として働きたいと願い出る。その答えを気に入ったアリスターにより、クロエは使用人以上の待遇で邸宅へ迎え入れられ……?

 強い風が吹いているらしい。
 窓枠ががたがたと鳴り、暖炉の炎はそこから吹き込む風にゆらゆらと揺れていた。
 男爵家の長女クロエ・リスタートンはその音を聞きながら、憂い顔をしてソファーに身を沈めた。
 黒絹のように美しい長い黒髪が、彼女の動きに合わせてさらりと流れる。
 ぼんやりと窓の外を見つめる紫色の瞳は、宝石のように美しい。だがその白い頬はやつれ、美しい顔には険しい色を浮かべていた。
 彼女の悩みは、年頃の女性らしい恋や見た目などではなく、もっと深刻なもの。
 この男爵家の将来についてだった。
 リスタートン男爵家は、領土こそ王都から遠く離れた地方だったが、土地が豊かでそれなりに裕福だったらしい。
 ところが祖父の代にこの国で大災害があり、その影響をまともに受けたこの領地では、それ以来農作物がほとんど採れなくなってしまった。崩れそうになっている男爵家を何とか建て直そうと、父は色々な事業に手を出してしまう。だが、充分な知識も資金もない状態では、当然のようにすべて失敗した。蓄えはたちまちなくなり、母が所有していた宝石は、祖母の形見も含めてすべて売り払ってしまった。
 さらに悪いことは重なっていく。
 心労からか、母は病に倒れ、長い闘病生活の末に亡くなった。さらに昨年、男爵家を継ぐはずだった兄も、流行り病で命を落としてしまう。
 給金を充分に支払うことができなくなり、昔から仕えてくれていた使用人にも暇を出さなくてはならなくなった。今、この屋敷に残されているのは、父と長女であるクロエ、妹のマリエ。そして昔からこの家に仕えてくれたマーガレットだけだ。
 彼女はもともと、嫁ぐ母に付き従ってこの家に来たらしい。亡くなった奥様に頼まれましたからと、ほとんど無償に近い状況なのに残ってくれている。
(本当に、マーガレットには感謝しているわ)
 クロエは深く溜息をつきながらそう思う。
 幼い頃から男爵家の経済は大きく傾いていて、クロエも他の貴族の令嬢に比べると質素に育った。でもそれでも昔は家事をしてくれるメイドが何人かいて、掃除や洗濯、料理などはしたことがなかったのだ。
 ところがいよいよ給金が払えなくなり、メイドたちに暇を出さなければならなくなってしまった。もしマーガレットがいなかったら妹のマリエとふたりで途方に暮れていただろう。
 さらに彼女から習った刺繍は、根気のいる仕事だが綺麗に仕上げることができればいい値段で買い取ってもらえる。
 だからクロエは、暇を見つけては刺繍やレース編みの仕事に励んでいた。今も、彼女の傍らにあるテーブルには作りかけの刺繍が置いてあった。早く仕上げればそれだけ金額も上乗せしてもらえるので、こんなふうにぼんやりとしている暇はないはずだ。
 それでもクロエは、窓の外に視線を向けたまま動けずにいた。
 そうして母や兄も、こうして憂い顔で窓辺に座っていたことを思い出す。
 きっとこの状況を何とかしたいと思いながらも、どうすることもできなくて、途方に暮れていたのかもしれない。
 同じ立場になった今、あのときの母と兄の気持ちがわかるような気がする。

オススメ書籍

【加藤文果ベストセレクション】ブライダル・トップロマンス

著者加藤文果
イラスト繭果あこ

いやじゃないだろう、素直になりなさい――奥手で真面目がとりえのOLヒロイン達。「このままでいいのかな?」と小さな不満を抱えていてもそれなりに満足、日常に変化なんてないと思っていたのに。会社の上司が、社長が、美形セレブが、財閥の跡取りが……純粋でまだ未開発なヒロイン達を、鮮やかな手ほどきで惑わせる。「ほら、怖がることはないよ」魅惑的なささやきとレッスンに深く溺れてゆくヒロイン達がたどる、快楽に満ちた珠玉のブライダルLOVEストーリー。揺れる心が次第に享楽の世界を知って……。艶やかに乱れる背徳ロマンス『世にも過剰なブルジョアジーの婚前恋愛実習』他3編収録!!

この作品の詳細はこちら