夢中文庫

豹変したオオカミ系男子はこじらせ女子を逃がさない

  • 作家幸村真桜
  • イラストnira.
  • 販売日2020/2/28
  • 販売価格500円

風見たすきは健診センターで働く看護師。28歳になっても処女のまま、恋愛に少し臆病になってしまった、いわゆる「こじらせ女子」だ。いつものように企業へ健診に訪れたある日。誰が見ても爽やかで素敵な男性・一ノ瀬大翔から、たすきは突然一通の手紙を渡される。「ずっと気になっていました」──モテそうな人なのに、どうして私に?と不思議に思うたすきだったが、草食系っぽい大翔は意外に積極的で……!? 彼のことをもっと知りたいとどんどん惹かれていき、彼となら恋ができるかもとたすきは思い始めて──。恋は人を変えるし強くする! 草食系男子がオオカミになってしまった出逢いは、健康診断から──。

きっかけは一通の手紙から
 健診センターの朝は早い。健診センターとは、いわゆる健康診断をメインに行う医療機関のことだ。
 ここ、桜宮(さくらのみや)総合健診センターでは、施設内で行う人間ドック。会社に訪問して健康診断を行う巡回事業所健診。公民館や集会所に出向き市の健診を行う住民健診を主に行っている。さらに胃、大腸、乳腺に子宮、各種がん検診も実施しており、その仕事内容は多岐にわたる。
 風見(かざみ)たすきは、桜宮総合健診センターに勤める看護師だ。今年で二十七歳になるが、あどけなさを残したかわいらしい顔立ちは実年齢より彼女を幼く見せる。
 以前は総合病院に勤めていたが一身上の都合からそこを辞め、二年前に今の会社に就職した。
 健診センターなら、病院よりは楽だろう。
 そんな安易な考えで入社したのが良くなかったのか、当時はお局さんたちにきつい洗礼を受けた。実際、健診センターの仕事は決して楽ではなかった。人の生き死にに携わることはないが、病院とは違う大変さがある。
 桜宮総合健診センターの看護師は、毎日割り当てられる仕事内容が違う。覚えれば同じことの繰り返しだが、多彩な仕事内容はそこに至るまでに時間がかかる。さらに、事務仕事や雑務が多く慣れるまでは本当に苦労をした。
 これまでに何度辞めようと思ったか分からない。でも一度始めた仕事をすぐに投げ出すのが嫌で、もう少し、もう少しと頑張っているうちに二年という月日が流れた。
 今ではすっかりお局さんたちにも気に入られ、頼りにされるまでに成長した。よく頑張ったと自分を褒めてあげたい。
 今日もたすきは、その日に割り当てられた勤務をこなすため、六時に会社に出勤する。健診センターの朝は、本当に早いのだ。四月の新年度を迎え、この時期になると健康診断を実施する企業が増えるため毎日県内の様々な場所を飛び回っている。
 本日の出発時間は六時半。たすきは必ず、その前に巡回場所の健診会場の情報を確認する。入社して二年が経っても、それは変わらない習慣だ。
「よし、そろそろ申し送りを始めますか」
 出発の十分前になったのを見て、日誌を片付けて立ち上がる。そして一緒に健診に出るメンバーに、それぞれの分担を伝えていく。
 親子ほど年の離れた職員ばかりだが、今日の看護師の責任者はたすきだ。それなりの緊張感を持ちながら、必要な情報はすべてここで伝えなければと、一度頭の中で伝達事項を整理してから口を開いた。
「今日の健診場所は一ノ瀬(いちのせ)テクノロジーさんです。三日間の予定の今日が初日ですね。協会一般と定期健康診断で胃部検診があります。予定人数は百人前後です。特殊健診があるので、代謝物の検体を預かるのを忘れないようにしてください。では、よろしくお願いします」

オススメ書籍

年下エリートの溺愛戦略~こじらせ女子は押し倒されても気づかない!?~

著者伊月ジュイ
イラスト霧原すばこ

「あなたが鈍感なのは、もうずっと前から知っていますが、いい加減気づいてください」――企画部で働く日和は、優しい男性たちにときめいては、思いを伝えることもなく失恋する恋愛初心者のこじらせOL。そんな日和の失恋を癒す役目を担っているのは、一つ年下のエリート後輩、沖永。容姿端麗で企画部次期課長と呼び声の高い彼と、恋愛関係になることはあり得ないと、この日も安心して話を聞いてもらっていたのだが……。度数の高いお酒を次々と勧められ、ほろ酔いの日和が運ばれたのはホテルのベッド!? 「初めてでしょうから、優しくします」……鈍感OLを振り向かせたいエリート後輩のとった戦略は?

この作品の詳細はこちら