夢中文庫

純潔寡婦は童貞海神にご執心です

  • 作家有允ひろみ
  • イラスト森原八鹿
  • 販売日2020/11/20
  • 販売価格700円

未経験のまま寡婦になってしまったナディア。来月三年の喪が明け自由の身になる。そんな時、腰を痛めたという神父の大叔父を手助けするためネルソン村に出向くことに。そこでオーランドというまるで神話に登場する海神のような肉体を誇る青年と出会い一目で恋に落ちしまう。それはオーランドも同じで、二人はその場で求め合い結ばれた。共に初めての体験で最初は戸惑ったものの、想像以上の心地よさに酔いしれる。ナディアはオーランドに第二の人生を託し、すべてを捧げると誓う。だが王宮で起こった権力闘争により、オーランドの出自が明らかに。なんと彼はこの国の王子だった! そしてナディアは愛人にしかなれないと言われてしまい――

第一章 寡婦だって恋をしたい! ~海獣との遭遇~
 自室で医学書のページを繰りながら、ナディア・ルーカスはホッとため息を吐いて窓の外を眺めた。
 寝転んでいたカウチから起き上がり、壁際に置かれた姿見の前に立つ。
 濃い麦穂色の髪の毛にヘーゼル色の瞳。
 身長はさほど高くないが、我ながらなかなかのスタイル美人だと思う。
 ナディアは鏡に向かってしなを作った。そして、きつく結い上げた髪の毛をほどきドレスの胸元を大きく寛がせる。
 むっちりと盛り上がった胸の谷間があらわになり、むき出しの肩に緩く巻いた髪の毛がかかった。
 鏡に映る自分をまじまじと見つめながら、ナディアは深いため息を吐く。
 自分はまだ十分若く健康だし、腰回りは村の産婆が「十人は楽に子を産める」と太鼓判を押したくらいどっしりとして肉付きがいい。
 それなのに普段着るドレスは黒色一択だし、たまに華やかな場に出てもおしゃべりの相手は自分よりはるかに年上の女性ばかり。時折男性と話す機会があっても、相手は枯れた中年かヨボヨボのおじいさんに限られている。
(あ~あ、情けない! 私はまだ二十二歳よ? それなのに、皺だらけのおばあさんみたいに真っ黒なドレスを着て、刺繍とか天気の話ばかりして……。私だって、もっと華やかなドレスが着たいし若い殿方とおしゃべりがしたいわ!)
 ナディアは軽く地団太を踏みながら鼻の頭に皺を寄せる。
 それもこれも、すべて自分が夫を亡くした未亡人だからだ。今現在、ナディアは実家であるコールマン家に出戻り、寡婦として鬱々とした生活を送っている。
(──だけど寡婦になったからには、それも夢のまた夢ね。つくづく、自分の運命がうらめしいわ)
 古い風習を重んじるジェントル層や貴族社会では、結婚相手は親が決めるものであり本人の感情などまったく関係なく縁組みをされる。
 当然、結婚と恋愛は別物。
 妻たるもの、結婚後は速やかに妊娠をして後継者たる男子を産み育てる。
 それはもう女性に生まれついた時から決められた道であり、ナディアもそれに従って結婚し不幸にも寡婦になった。
 もし自分が男に生まれていたら、ぜったいに大学まで進み生物学者としての道を進みたかったのだが……。
(仕方ないとはいえ、つくづく不運だわ……。そもそも、夫とは数えるほどしか会っていないし、結婚したといっても二人きりで話す機会もないままだったんだもの)
 ナディアが結婚したのは、ちょうど十九歳になった誕生日だった。
 結婚式のあと、夫は友人達とともにさほど飲めない酒をたらふく飲んで泥酔。
 神聖な初夜は酒臭い夫とただ同じベッドで眠るだけに終わり、ナディアは清い身体のまま朝を迎えた。
 次の日の午後、夫は友人に誘われて馬で遠乗りに出かけた。
 その途中、落馬して呆気なく他界。
 ナディアは自動的に寡婦になり、いまだ処女のまま熟れた身体を持て余しているというわけだ。

オススメ書籍

惑わす私でごめんなさい 君のすべてを愛している

著者桐野りの
イラストnira.

目覚めると、端正な顔立ちの男が隣に寝ていた。この男は誰…? 抜け落ちた記憶。月子の仕業か── かなえは幼い頃、怖い出来事に遭遇してから、現れた華やかで奔放な別人格の月子と体をシェアしている。しかし行きずりの男と関係するなんて初めて。ある日、ハイスペックエリートの久我総司が、同じ部署へ配属されかなえは衝撃をうける。あの朝、隣に無防備な姿で寝ていたその人だった。しかし彼はかなえがその相手だと気づいていない様子。仕事を通じて接近する二人。男性と縁のなかったかなえにとっては夢のようなひと時。しかし久我から、探している女性がいるとかなえは相談され……少しずつ久我に惹かれていたかなえは──

この作品の詳細はこちら