夢中文庫

聖なる魔女と悪魔の騎士3

  • 作家悠月彩香
  • イラスト石田惠美
  • 販売日2020/08/28
  • 販売価格900円

【通常版】900円 /【イラスト特典付き】1000円

娼館『聖なる魔女の館』を切り盛りする元修道女のユーフェリナ。彼女は実は魔女の末裔で、力に目をつけた『魔剣士』ウィルガイストと契約を結んでいるものの、未だ力は使いこなせていない。そんなふたりの前に、娼館の臨時用心棒として異国の美女が現れる。美女がウィルガイストを「イシュア」と呼んだことで、彼の知られざる過去が明らかになっていくが――「おまえとの契約も白紙に戻してやるよ」一方的に突き放されたユーフェリナは、にやにや顔の黒魔術師を連れて、貴族の街に潜入することになり……!? 不良修道女×エロ悪魔のダークラブファンタジー!第3巻!ついに最終章に突入! 話題のWEB小説を電子書籍化!

序章
 その日の晩は、魔剣士と契約を交(か)わしてから、三度目の新月に当たる。
 彼との契約──彼女に群がる悪魔を、退治すること。
 窓の向こうが刻一刻と濃い紫色へと移り変わるのを眺めながら、ユーフェリナは夜がこないでほしいと初めて心から願った。
 彼女の魔力に惹かれて集まる魔物どもが、新月の晩に繰り広げる悪夢の饗宴は、何度経験しようと慣れるものではなかった。
 だが、文字通り悪魔の魔手からユーフェリナを救ってくれる魔剣士が、彼女を死の恐怖という絶望から無縁でいさせてくれる。
 けれど、今日はその魔剣士の存在が、ユーフェリナにとって恐怖と同じだ。
 あの地獄の夜、彼女をかばって左腕を失ったウィルガイストへの自責の念に、泣きながら彼に迫ったのは、昨晩──いや、今朝方のことだった。
 あの醜態は、思い出すだけで死にたくなる。
 慎み深い乙女としてはまずありえない、はしたない行為の数々。
 淫魔に身を委ねようなど、太陽神の──敬虔(けいけん)とは言いがたいが──信者としては、破戒(はかい)行為に当たるだろう。
 そして、あの天下御免の女好きに身体中にくちづけられ、わずかでもそれを心地よく感じていた自分が恥ずかしいやら悔しいやら、今すぐに地面に穴を掘って、永久に地下に閉じこもってしまいたくなるほどだ。
 きわめつけに、あの切断された左腕の結末ときたら!
 そうなると予(あらかじ)めわかっていたなら、彼がユーフェリナに怒りを向けなかったのは当然だろう。
 思い出すと、自分の失態へのもどかしさは、さっくりとウィルガイストへの怒りにすりかわる。
 シグアスはあの男を庇って何やら美談を組み立ててくれたが、結局、何もかもユーフェリナを籠絡するための罠だったのだろう。
 それほどにあの男は、どうしようもない淫魔なのだ。
 自らの持戒を破って、ユーフェリナにくちづけしたことも──!
 あの強引な唇の感触はまだユーフェリナの上に残っている。
 声にならない言葉を、直接、唇で訴えかけるような熱っぽさに、ユーフェリナはあっさり陥落してしまったが、あれも悪魔の罠。
 もう絶対にあの男に隙を見せてなるものかと決意するが、一方では、ウィルガイストの中をすこしだけ覗いた気にもなり、面映ゆさに怒りの矛先を見失いそうになる。
「ユーフェ」
 扉が開く音さえしなかった。いきなり彼女の名を呼んだのは、もやもやをユーフェリナの中に残した魔剣士の声だ。
 心臓が胸を突き破って飛び出しそうになる。
 あながち比喩とも思えない心臓の暴れぶりは、彼女の全身に冷たい汗を流させた。
「な、なによ……っ」
 ケンカ腰に構えると、彼はいつもどおりの薄ら笑いを浮かべて、ユーフェリナに手を差し出してくる。
「そろそろ時間だぜ。いつまでもここにいたら、魔物どもが入ってくるぞ」
 目の前の大きな手を、素直に取る気にはなれない。汗ばみ、冷たくなった指先をぎゅっと握りしめると、彼女の躊躇を無視するように、ウィルガイストはその細い手首をつかんで華奢な身体を抱き寄せた。

オススメ書籍

運命の再会~永遠に契られた恋、時空を越え~

著者泉怜奈
イラストロジ

「命はいつか尽きるもの。肉体が朽ちても私の魂はお前を求め彷徨い、世紀が変わり、どんな時代になろうとも、この魂が必ずお前を見つけ出し、愛しあう」珠子は幼少のころから、祖母の家に行くと白昼夢を見ていた。祖母が亡くなり、その家を相続した珠子は痛い失恋を引きずる心を癒すために祖母の家に向かった。そこで青い瞳を持つ門倉に出会い、彼の手に触れた瞬間意識を失う。目が覚めたのはバロック様式の豪奢な屋敷、体を締め付けるお姫様ドレスを着ていた――まるで本当に体験しているように感じてしまう。珠子はどうやらフランスの貴族令嬢に憑依してしまっているらしかった。永遠に繰り返される輪廻、珠子の運命は動き出す。

この作品の詳細はこちら